元気のみなもとをつくってます 大商金山牧場

MENU

品質・安全への取り組み

ホーム各種取り組み・CSR品質・安全への取り組み

と畜場併設工場による万全の衛生管理
ISO22000、FSSC22000 認証取得

と畜場併設でコールドチェーン(連続冷却状態)を維持

ミートセンター(カット事業部)は、山形県の庄内地方にあると畜場「庄内食肉流通センター」と建物が併設していますので、と畜から枝肉のカット、部分肉の製品出荷まで外気に触れることなく完結でき、高いレベルの安全性を保つことが可能です。

庄内食肉流通センター

と畜場に併設されていない食肉業者の場合

通常、食肉流通センターでと畜された枝肉はセンター内のレールを伝って冷却室に運ばれ保存されます。
そして、冷却室から枝肉をトラックに載せ換えて各食肉業者のカットセンターに輸送されます。
そのため食肉業者は、輸送先のカットセンターの衛生管理はもちろんのこと、トラックの荷台や輸送中の衛生管理も求められます。

と畜場に併設されているミートセンター(カット事業部)の場合

と畜場に併設されているミートセンター(カット事業部)の場合

ミートセンター(カット事業部)は、食肉流通センターと建物が併設しており、なおかつ冷却室とレールで直接つながっていますので、冷却室から外気に触れることなくカット作業場に枝肉を搬入できる構造になっています。そのため輸送時の衛生管理リスク自体が無く、なによりコールドチェーン(連続冷却状態)の維持が確実に保たれますので、一般生菌数が少なく鮮度面においても抜群に優れた状態の枝肉をカットすることが出来ます。
このように、ミートセンター(カット事業部)は他の食肉業者よりワンランク上の衛生管理が可能となっており、安全性をより追及することができます。また、ミートセンター(カット事業部)はISO22000,FSSC22000を認証取得しており万全の衛生管理体制を敷いて食肉の安全性を確実なものとするために日々努力しています。

ミートセンター(カット事業部)の徹底した衛生管理体制

  • 全ての作業室を15℃以下の室温で維持
  • 2時間に1回まな板の交換を実施
  • 休憩時に、使用したナイフ・シャープナーを殺菌槽(85℃以上の湯温)に投入
  • 決められた手順でモニタリングされたものを記録管理
  • ベルトコンベア回転時にオゾン水でベルトを洗浄・殺菌
  • 作業終了後、炭酸次亜温水で工場内を洗浄・殺菌
  • 夜間、工場内へオゾンガスを噴霧し、殺菌・消臭

ミートセンター(カット事業部)紹介

ミートセンター(カット事業部)を紹介しています。ミートセンター(カット事業部)は、と畜場「庄内食肉流通センター」と建物が併設していますので、安全性のリスクを最小限に抑えることが可能です。また豚肉のトレーサビリティシステムをいち早く導入しておりますので、生産者履歴管理も万全です。

ISO22000、FSSC22000とは

ISO22000とは、HACCPの規格・基準にISO9001のマネジメントシステムを組み合わせた、新しい食品安全の国際基準です。また、FSSC 22000には、ISO 22000に加えフードディフェンス強化を盛り込んだ食品安全マネジメントシステムのスキーム基準が設けられています。
ミートセンター(カット事業部)は2008年にISO22000を2013年にFSSC22000を認証取得しました。

米の娘家
オンラインストア
楽天市場店
つながる、循環の輪。 バイオガス発電プラント